星期四, 5月 03, 2012

CentOS 5.5でDropbox

CentOS 5.5でDropbox
投稿日: 2010-06-21 月 作成者: たかおファン(surface)


タイトル通りCentOS 5.5のデスクトップでDropboxを導入した際のメモ。
rootではなく、ローカルユーザで使用することを前提にした場合。

本家からソースコードが落とせるが、めんどくさいのでyumを使用。

rpmforgeの導入
セオリー通り。

12 # rpm --import http://dag.wieers.com/rpm/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt # rpm -ivh http://apt.sw.be/redhat/el5/en/i386/RPMS.dag/rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
yumでDropboxを落とす
1 # yum install dropbox --enablerepo=rpmforge
ローカルユーザで設定
1 $ dropbox
これで初期設定ウィザードが表示されるので、設定を済ます。

サービスでユーザを有効にする
/etc/sysconfig/dropboxを編集。

1 # vi /etc/sysconfig/dropbox
下記のとおりユーザ名を記入。複数ある場合はスペースで区切る。

1 DROPBOX_USERS="hoge1 hoge2"
サービス立ち上げ
1 # service dropbox start
デフォルトでOnだと思うが、念のためchkconfigをチェック。

12 # chkconfig --list | grep dropbox dropbox 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
なんかデスクトップにDropboxのアイコンが出てきませんが、動作は問題なさそうなので目をつむっておきます。

カテゴリー: Linux タグ: CentOS この投稿のパーマリンク

沒有留言:

張貼留言

每個角落都有人生

最近無意中開始追看日本電視劇「この世界の片隅に」(中文翻譯 「在這個世界的某個角落裡」)。 故事從現代開始,一個妙齡女子因為工作不如意,依然遠走到一個從未踏足過的地方—廣島的某個即使日本人都不能正確發音的地方「呉」市。 但是她是有目標的,直接去到一個在山腰上的民居,但是已經荒廢....