星期四, 2月 24, 2005

日本の警察弱すぎる?

少なくとも、香港内では笑い話となっている。
でも、ひとつの事件から、「日本の警察が弱すぎる」と判断したら大間違いと思う。
結果として「犯人」は捕まる、て、状況を見て人身障害の少ないほうがいいと思う。

================
日本の警察は弱すぎる? 小泉首相が苦言


[ 2005年02月23日 02時28分 ]


日本の警察 (Reuters Picture)

[東京 22日 ロイター] 小泉純一郎首相は警察に活を入れるよう苦言を呈した。警官ふたりが野球バットのようなものを振り回して暴れる男から逃亡するのをテレビが放送したのだ。

「犯人が向かってきたのに、警察官は取り押さえる代わりに逃げ出した。見て驚いたよ」と小泉首相は報道陣に語った。

この事件は恥ずべきことだと小泉首相は言う。また彼は警察官の訓練を強化し再発を防ぐよう国家公安委員長に命じたという。

テレビの映像は、警官ふたりが東京のお台場にあるビルに衝突した車に近づいていったものの、車の運転手が武器を手に窓を割って暴れだすと退散してしまったのを映していたという。
[日本語訳:野中モモ]
この記事はロイター通信社との契約に基づき、エキサイト株式会社が日本語翻訳を行っております。



ニューストップ|トラックバック(エキサイトブログ)

沒有留言:

張貼留言

每個角落都有人生

最近無意中開始追看日本電視劇「この世界の片隅に」(中文翻譯 「在這個世界的某個角落裡」)。 故事從現代開始,一個妙齡女子因為工作不如意,依然遠走到一個從未踏足過的地方—廣島的某個即使日本人都不能正確發音的地方「呉」市。 但是她是有目標的,直接去到一個在山腰上的民居,但是已經荒廢....